過払い金には利息をつけて請求しよう

過払金には利息がつきますが、貸金業者はいまだに争ってきていますので、取り返すことにはそれなりの労力が必要になります。

過払金には利息がつきます。
“過払い金には利息をつけて請求しよう”の詳細は »

過払金の請求に関する時効のお話です

過払金の時効は、最終取引日から10年です。それ以降は請求が出来なくなってしまいますので、ご注意下さい。

過払金請求に必須のもの、それは取引履歴です。そんなものは持ってないという方、安心して下さい。あなたがお借りしていた消費者金融業者には、取引経過の開示義務があるんです。そして、完済していても取引経過の開示義務は残っています。

“過払金の請求に関する時効のお話です”の詳細は »

過払金返還訴訟と過払金発生の仕組み

最高裁判所が高利での貸付を行う貸金業者に厳しい判決を出したこともあり、借主が貸金業者を相手に、過去の過払金の返還を請求する訴訟が増えてきました

消費者金融などのいわゆる高利の貸金業者から、お金を借ていた人が、その貸金業者に返し過ぎたお金を「過払金」といいます。

 最高裁判所が相次いで貸金業者に厳しい判決を出したこともあり、借主が貸金業者を相手に、過去の過払金の返還を請求する訴訟を起こす事が増えてきました。
“過払金返還訴訟と過払金発生の仕組み”の詳細は »

クレジットでも過払い金は発生する!?

過払い金を請求は消費者金融だけに留まりません。クレジットカード会社でも約定利率が利息制限法を超えている場合は、過払い金が発生している可能性があります。

クレジットカードを作るときには、キャッシングの返済方法が分割であっても一括であっても、別々に契約することはないはずですので、過払いの引き直し計算を一本化することも可能です。
“クレジットでも過払い金は発生する!?”の詳細は »

過払い金とは一体何なのでしょう?

過払い金とは、借金した額とその利息、それらの返済が本来ならば全部終っているのにもかかわらず払っている金額です。

サラ金やクレジットカードの毎月の返済には、誰しも頭を悩ますものです。請求されるままに返済しているのにいっこうに借りたお金が減っていかないと感じる人が、利用者のほとんどではないでしょうか?
“過払い金とは一体何なのでしょう?”の詳細は »

過払い金にも利息をつけて返してもらえる?

過払い金は民法上の不当利得の規定(民法703条)に基づくものでありますから、貸金業者が悪意の受益者であれば利息を付して返還しなければならないです

みなさんは過払い金にも利息がつくことをご存じですか?
払いすぎた額は民法上の不当利得の規定(民法703条)に基づくものでありますから、
貸金業者が悪意の受益者であれば利息を付して返還しなければならないのです(民法704条前段)。
“過払い金にも利息をつけて返してもらえる?”の詳細は »

過払い金請求で、みなし弁済を恐れない!

みなし弁済とは、利息制限法の法定金利を超える利息を任意で支払った場合(いわゆる過払い金)は返還しなくてもいいという制度

消費者金融(サラ金)が良く手として使う、「みなし弁済」とはどんなことを
さすのでしょうか?
“過払い金請求で、みなし弁済を恐れない!”の詳細は »

過払い金は裁判を起こさないと戻ってこない!?

取引履歴がすべて明らかになっていれば過払い金返還訴訟で負けることはありませんから、心配することはありません。

一般的には裁判を起こさずに過払い金に利息をつけて
全額を消費者金融から返還させることは、ゼロの確率ではありませんが
比較的難しいことといえます。
“過払い金は裁判を起こさないと戻ってこない!?”の詳細は »

過払い金返還訴状を作ってみよう!

過払い金の返還訴状を自分書くのは、難しそう・・・と思う必要はありません。インターネットなどでもひな形が作成されていますので誰でも内容を変えるだけで作成が可能

自分で訴状を書くのは、難しそう・・・
と思う必要はありません。
インターネットなどでもひな形が作成されていますので
誰でも内容を変えるだけで作成が可能です。
“過払い金返還訴状を作ってみよう!”の詳細は »

任意生理と過払い金の流れ

利息制限法が定める利率の上限は15〜20%です。 最初からこの利率でお金の貸し借りをしていたものとして負債額が再計算されます。

任意整理手続きの流れは次のようになります。
1:司法書士、弁護士に相談
“任意生理と過払い金の流れ”の詳細は »