過払金の請求に関する時効のお話です

過払金請求に必須のもの、それは取引履歴です。そんなものは持ってないという方、安心して下さい。あなたがお借りしていた消費者金融業者には、取引経過の開示義務があるんです。そして、完済していても取引経過の開示義務は残っています。

本人でももちろん請求できますし、代理人(司法書士等)を通じて、取引経過の開示を貸金業者に請求することも出来ます。返済し終わったのに連絡するのがいやだという人は代理人請求がいいでしょう。

また、既に全額の返済をしていれば、過払金の返還請求をしたとしても信用情報機関(いわゆるブラックリスト)に載ることはありませんので、安心して過払金の請求ができます。

では、どれくらい前までの取引について過払金の返還請求ができるのでしょうか?
つまり過払金請求権の時効はいつかということですが、それは最終取引日から10年です。
最終取引日ですので、クレジットカードが更新されていたり、返済が続いている間は時効は進行しません。そのため10年以上前に借入れをしていても、現在も返済を続けている場合には、時効を心配する必要は全くありません。(ただし、返済を続けている場合は信用情報機関への登録の可能性がありますが・・・)
ただし、完済(最終取引日)から、10年経った場合には、残念ながら過払金請求権は時効になり消滅しているので、返還請求はできません。(いくら発生していても一円も取り戻せません。)

過払金の請求は、早いにこしたことはありません。時効が成立する前に、貸金業者が倒産する前に、お早めに過払金の請求をご検討下さい。

«
»
 

トラックバックURL